7月1日 プログラミング教育 教員向けワークショップ

(株)内田洋行は、「一歩踏み出す先生のための実践ワークショップ」を7月1日、東京都中央区の同社新川本社ビルで開催する。プログラミング教育の必修化に備え、プログラミングの基本を学ぶアプリケーションの体験や、実践校の教員による事例報告などを行う。

ワークショップは、同じ内容で午前の部と午後の部、各2部構成のプログラム。前半は、パズルを解きながらプログラミングの基本がわかるアプリ「Swift Playgrounds」を体験しながら、その魅力を体験する。コーディングの知識がなくても、ゲーム感覚でプロのデベロッパーと同じコードを学べるという。

後半は、「レゴマインドストーム」を使用し、プログラムを組んでロボットに多角形の軌道を描かせる課題に挑戦。ロボットプログラミング授業を実践した東京都渋谷区立笹塚中学校の庄司直也教諭が実践を発表する。

参加費は無料で、定員は各回30人。

参加申し込みは同社サイトで受け付けている。