第64回教育映像祭中央大会 最優秀・文科大臣賞に6作品

n20171002(一財)日本視聴覚教育協会(生田孝至会長)は9月15日、東京都千代田区の東海大学校友会館で第64回教育映像祭中央大会を開催。今年度の視聴覚教育・情報教育功労者と視聴覚教育中央功労者、優秀映像教材選奨入賞作品、全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品を表彰した。同映像祭は、映像教材への関心を高め、学校教育や社会教育、職能教育などで利用の拡大を図ろうと、新作の教育映画・DVD、コンテンツなどから優れた作品を選奨するほか、国内で視聴覚教育の進展に功績のあった功労者を顕彰するもの。

文部科学大臣表彰の視聴覚教育・情報教育功労者には園部眞人氏を含む34人、同協会会長表彰の視聴覚教育中央功労者には鐘ヶ江義道氏、高橋秀明氏、小平さち子氏、丸山昌哉氏が受賞した。

優れた映像教材に対して贈られる優秀映像教材選奨の最優秀作品賞(文部科学大臣賞)に選ばれたのは次の6作品で、教育映像/小学校部門(幼稚園含む)で「こころを育てる映像教材集 第3巻 義足がくれたもの」(道徳/DVD/15分/東映(株))。高等学校部門で「DVD映像セレクション 家庭基礎・家庭総合 子どもの発達と保育 第4巻 子どもとかかわって生きる」(家庭/DVD/65分/(株)NHKエンタープライズ)。社会教育部門で「認知症と向き合う」(家庭生活向け/DVD/30分/東映(株))。職能教育部門で「がん看護 第4巻 がん看護の実践」(DVD/40分/(株)東京サウンド・プロダクション)。教養部門で「谺 雄二 ハンセン病とともに生きる ―熊笹の尾根の生涯―」(DVD/43分/岩波映像(株))。教育デジタルコンテンツ/中学校部門で「東書マルチビデオソフト ともに生きる」(総合的な学習の時間/USB/Win7、8.1、10/東京書籍(株))

優秀作品賞には、教育映像/小学校部門(幼稚園含む)で「事故や事件から人を守る 町を守る ―警察しょのはたらき―」(社会/DVD/18分/(株)映学社)。中学校部門で「いのちと死の授業 第1巻 難病と闘って気づいたこと ―今このときのいのちを輝かせるために―」(特別活動/DVD/27分/丸善出版(株))。高等学校部門で「新 家庭科ベストセレクション 災害から命と暮らしを守る」(家庭/DVD/21分/(株)NHKエンタープライズ)。社会教育部門で「親や先生が知らない!子供防犯スクール ―ネット・SNSトラブル編―」(家庭生活向け/DVD/25分/東映(株))。職能教育部門で「ハラスメントのない職場づくり ―第2巻 中堅社員・管理職編―」(DVD/28分/(株)日経映像)。教養部門で「工芸技術記録映画 彫金 ―山本晃のわざ―」(DVD/36分/(株)桜映画社)。

教育デジタルコンテンツ/小学校部門で「東書マルチビデオソフト 地震防災」(総合的な学習の時間/USB/Win7、8.1、10/東京書籍(株))など29作品が選ばれた。

また全国自作視聴覚教材コンクールの最優秀賞(文部科学大臣賞)は3作品。小学校部門(幼稚園及び保育所含む)で「仙台・作並こけし―伝統を守る思い―」(映像教材/仙台市小学校教育研究会 視聴覚教育研究部会 教材制作委員会B部会)。中学校部門で「2016年鳴門市第一中学校人権劇『蒼海のホタル』」(映像教材/平成28年度徳島県鳴門市第一中学校生徒会)。社会教育部門で「富山県砺波地方の昔の米作り」(映像教材/砺波市立砺波郷土資料館)。

詳細は同協会