関西教育ITソリューションEXPO ICT教育の最新動向が一堂に

今年5月の東京会場の様子
今年5月の東京会場の様子
大阪で初開催 11月15~17日の3日間

学校向けICT製品やソリューションサービスなどを網羅する「第1回関西教育ITソリューションEXPO(EDIX関西)」(リードエグジビションジャパン主催、ICT CONNECT21、全国ICT教育首長協議会など後援)が11月15日から17日までの3日間、午前10時から午後6時まで、インテックス大阪で開催される。

教材・教育コンテンツやICT機器など、約300社が出展。このほか、文科省関係者や大学関係者など、教育界で話題となっている人物が基調講演を行う。2万人の来場を見込んでいる。

展示会場は▽「教材・教育コンテンツゾーン」=デジタル教科書や教材、ソフトなど▽「みらいの学びゾーン ~学びNEXT~」=プログラミング教材、教材用ロボット、工作キット、3Dプリンター、学習用アプリなど▽「ICT機器ゾーン」=電子黒板、タブレットPC、プロジェクター、書画カメラ、校内LAN・ネットワークなど▽「セキュリティゾーン」=情報漏えい対策など▽「eラーニングジャパン」=eラーニングソリューションやコンテンツなど▽「学校業務支援ゾーン」=業務支援システム、校務支援システム、成績管理システムなど――の6ゾーンで構成されている。

基調講演では、倉田哲郎大阪府箕面市長が「ICTを『当たり前に無造作に』―機器の導入から活用まで、箕面市が実践する教育改革とは?」をテーマに、同市の展望を語る。また、文科省からは梅村研生涯学習政策局情報教育課長が、「教育の情報化の動向と今後の展望」を解説する。

特別講演では、灘中学校・灘高校の和田孫博校長が「灘校が実践する、個々の能力を引き出す教育―アクティブ・ラーニングってなんだろう?」をテーマに、同校の実践を語る。

また、総務省からは田村卓也情報流通行政局情報流通振興課情報活用支援室室長が、「総務省における教育ICT政策」について解説する。

専門セミナー(研修会)は、小・中・高校コースと大学コースの2コースを設けた。

小・中・高校コースでは、英語教育、ICTを活用した授業づくり、ICT環境整備と活用、校務の情報化について有識者が報告。

大学コースでは、学修成果の可視化、グローバル人材育成、AO入試制度の課題、キャリア教育について発表される。

学びのNEXT特別講演では、文科省から安彦広斉生涯学習政策局情報教育課情報教育振興室長が「教育改革を踏まえた教育情報化の重要性~プログラミング教育の動向~」をテーマにプログラミング教育の方向性を解説する。

さらに、eラーニング専門セミナーや学びNEXT専門セミナーなども行われる。

また、同会場、同日開催で第1回学校設備・サービス展が催され、学校設備・サービス展は学校施設ソリューション、教室設備、学校用品、防犯・災害対策用品などが一堂に展示される。