デジタル教科書活用がテーマ 学校関係者向けにセミナー 模擬授業や公開討論を実施

日本教育情報化振興会は2月3日、デジタル教科書の活用をテーマに、国語と情報教育を追究する冬季セミナー2018「新学習指導要領で求められる学びを体験する~デジタル教科書で実現する主体的・対話的で深い学びとは~」を開催する。

セミナーでは、「主体的・対話的で深い学び」はデジタル教科書を活用すれば実現できるのか、全国の優れた実践を基に考える。パネルディスカッションにおいても、幅広い視点から検討する。

また、学習者用デジタル教科書を体験する模擬授業も行う。

基調講演では、「新学習指導要領が求める学びと学習者用デジタル教科書の役割」と題して、放送大学の中川一史教授が登壇。「学習者用デジタル教科書の実践と考察」と題した実践対談には、武蔵大学の中橋雄教授と関西学院初等部の野村真一氏が登壇する。

デジタル教科書を使った模擬授業も公開される。「4年『アップとルーズで伝える』(指導者用)」では横浜市立みたけ台中学校の鈴木彰氏、「3年『こまを楽しむ』(学習者用)」では山梨県身延町立下山小学校の石川等氏がそれぞれ行う(入替制)。

中川教授がコーディネーターを務めるパネルディスカッションでは、「タブレット端末環境と学習者用デジタル教科書を使った主体的・対話的で深い学びとは」をテーマに討論する。パネリストとして、石戸奈々子氏(NPO法人CANVAS)、佐藤幸江氏(金沢星稜大学教授)、青山由紀氏(筑波大学附属小学校)、黒川弘一氏(光村図書出版)が参加する。

定員は100人。教育委員会・学校関係者を対象に、1月26日までホームページから申し込みを受け付けている。