第65回教育映像祭中央大会 最優秀・文科大臣賞に2作品

授賞式の様子

(一財)日本視聴覚教育協会(生田孝至会長)は9月14日、東京都千代田区の東海大学校友会館で第65回教育映像祭中央大会を開催し、今年度の視聴覚教育・情報教育功労者、優秀映像教材選奨入賞作品、全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品を表彰した。

同映像祭は映像教材への関心を高め、学校教育や社会教育、職能教育などでの利用拡大を図ろうと、新作の教育映画・DVD、コンテンツなどから優れた作品を選奨するほか、国内で視聴覚教育の進展に功績のあった功労者を顕彰するもの。

文部科学大臣表彰の視聴覚教育・情報教育功労者には32人が選ばれた。

優れた映像教材に対して贈られる優秀映像教材選奨の最優秀作品賞(文部科学大臣賞)は、教育映像/小学校部門(幼稚園含む)は「小学校道徳 東京大空襲の中で」(道徳/DVD/11分/東京書籍)。教養部門は「蒔絵 室瀬和美―時を超える美―」(DVD/39分/毎日映画社)。

優秀作品賞は、教育映像/小学校部門(幼稚園含む)は「情報モラルを身につけよう!小学生のスマホの安全な使い方教室 1巻 自分も相手も傷つけないために」(特別活動/DVD/21分/東映)。

中学校部門は「アニメ漢詩・漢文の世界④論語」(国語/DVD/13分/サン・エデュケーショナル)、高等学校部門は「アクティブに学ぼう Vol.1―身近な食生活―」(家庭/DVD/29分/NHKエンタープライズ)。

社会教育部門は「どうして盗まれる?個人情報―ネット・トラブルに巻き込まれない秘訣―」(市民生活向/DVD/24分/映学社)。職能教育部門は「交通事故ゼロへの決意!―あなたと会社を守る―」(DVD/24分/教配)。

教養部門は「蒔絵―中野孝一のわざ―」(DVD/37分/桜映画社)。教育デジタルコンテンツ/小学校(幼稚園含む)部門は「小学校指導者用デジタル教科書 新しい道徳6年」(道徳/Win7、8.1、10/東京書籍)を含む26作品が選ばれた。

また全国自作視聴覚教材コンクールの最優秀賞(文部科学大臣賞)は2作品。小学校部門(幼稚園および保育所含む)は「虫の口―その形とはたらき―」(映像教材/名古屋市の福岡隆さん)。中学校部門は「きみは大気圧をイメージできるか ―その変化にともなう現象からせまる―」(映像教材/岡崎市視聴覚ライブラリー・おかざき映像教材研究会D班)。

他受賞作品など詳細は同協会ホームページへ。