小・中・高3校と1団体を表彰 第12回「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」

受賞者のみなさん(画像は高橋松之助記念顕彰財団提供)

(公財)高橋松之助記念顕彰財団(浅野純次理事長)が主催する、第12回高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」の贈呈式が10月29日、都内で行われた。「文字・活字文化推進大賞」は、「絵本のまち有田川」で和歌山県有田郡有田川町が受賞。「朝の読書大賞」は次の3校が受賞した。

【朝の読書大賞】
▽茨城県ひたちなか市立那珂湊第一小学校

2002年から朝読を開始。図書委員会を中心に、児童が「行ってみたくなる学校図書館」にするため、放送による新入荷本の紹介、季節ごとのポスター作成、貸出冊数の統計の掲示などを継続的に実施。年1回の「読書月間」では、読書はがきに紹介したい本と人を記入し、図書委員が郵便屋さんになって届ける「読書郵便」など図書委員の自主性を重んじ、自由な発想を生かしたさまざまな活動を実施している。先生によるおすすめ本の紹介や図書館の蔵書に気を配り、学年ごとに読書冊数の目標を定め、達成者にはシールや賞状を贈っている。読書が「大好き」「好き」と回答した児童も、全児童の80%にも達している。

▽大分県玖珠町立玖珠中学校

2000年に朝読を一部開始し、10年から全学年で実施。同校の読書活動は、教職員、生徒会、PTAが連携して推進している。「教職員」は年度始めに年間方針を定め、朝の読書の意義を意思統一。朝の読書に適した希望図書の調査や、図書環境の整備を行っている。「生徒会」は図書部の年間活動計画で朝の読書を提案。毎月の読書貯金通帳の集計や表彰などを実施。「PTA」はPTA新聞におすすめの図書紹介をするなど、生徒の読書を積極的に支援。年間カリキュラムを策定し、学校司書と全教職員の連携で、生徒の調べ学習を支えるスキルや問題解決能力向上をサポートしている。生徒の集中力が増し、読書量の増加や読解力の向上などの成果があがった。

▽京都府立久美浜高等学校

2003年から段階的に朝の読書を導入、10年より「アサトレ」と称して毎朝10分間の読書活動を実践。学校図書館活動においては、本と関連したワークショップや、楽しみながらさまざまな種類の本に触れる「NDCビンゴ」、異なる本のタイトルを掛け合わせる「BOOKS 川柳」、「全教職員と図書放送委員のおすすめ本」の冊子作成や展示など企画満載で、書店顔負けの「楽しい図書館」を演出している。「図書館にいけば、何か面白いことがある」と生徒に認知され、生徒1人当たりの年間貸出冊数が京都府立高校の平均を2倍前後上回り、読書に親しむ環境が整備されている。