これからの「ことば」のあり方を考察 第16回博報教育フォーラム開催

(公財)博報児童教育振興会(成田純治理事長)主催、文科省後援の第16回「博報教育フォーラム」が2月23日、都内で開催された。テーマは「『ことば』が『ことば』であり続けるために」。基調講演やパネルディスカッション、今年度第49回博報賞受賞者の事例発表が行われた。

基調講演では「『ことば』である、ということ -コミュニケーションを問い直す-」をテーマに慶應義塾大学の鹿毛雅治教授が登壇。鹿毛教授は「『ことば』には、『ことばで感じとる』「『ことばでつながる』『ことばで動く』といったコミュニケーションを豊かにする働きがある。人間形成の根底から考え直すという発想の中から教育環境を考え直し『ことばの体験』をとおして人間らしい生活と成長を意識していく必要がある」と述べた。

事例発表では、▽群馬県伊勢崎市教育研究所 日本語教育研究班の「日本語指導『ひろがることば・夢・希望』の開発」▽岐阜県岐阜市立明郷小学校 言語障がい通級指導教室(ことばの教室)の「明郷小学校吃音の会」▽福島県富岡町立富岡第一中学校・第二中学校三春校の「『知る』『広げる・深める』『つなぐ』ふるさと創造学」―の3つの事例が報告された。(詳細は同財団ホームページ)

パネルディスカッションでコーディネーターを務めた嶋野道弘元文教大学教授は、各事例の発表やグループセッションでの議論を踏まえ今回のフォーラムのテーマに関し、「これからの『ことば』のあり方を考えることは、これからの人間のあり方を考えることにつながると思う」と結んだ。