日頃の学習成果をいかんなく発揮 さんフェア新潟2019開催

農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉、総合の9分野の専門学科で学ぶ高校生らが、学習成果を発表する「第29回全国産業教育フェア新潟大会(さんフェア新潟2019)」(文科省、新潟県、同県教委、新潟市、同市教委、(公財)産業教育振興中央会など主催)が10月26、27の両日、新潟市の朱鷺メッセなどを会場に開催された。キャッチフレーズは「繋ごう!伝統のバトン朱鷺翔る新潟から」。

同県の総合学科で学ぶ生徒による地域の織物・編み物文化の学習成果発表であるクロスフェス新潟、同県の名所や名産、祭事を競技内容のモチーフにした第27回全国高等学校ロボット競技大会、新潟商業高等学校で商業を学ぶ全クラスが地元企業・店舗と連携して商品販売を実施した「新商collab(コラボ)」など郷土色豊かなイベントが展開された。

他にも、▽作品展示▽作品・研究発表▽体験コーナー▽全国高校生デパート等の展示即売▽参加・交流イベント▽フラワーアレンジメント、ツアープランニング、クッキング、AIプログラミング、介護技術など各種コンテスト――など、多彩な催しが行われ、全国から参加した専門高校生たちが、日頃の学習成果をいかんなく発揮していた。

次回大会は、来年10月24日、25日の両日に、大分県で開催される。