地場の食材に心込めて 第14回学校給食甲子園決勝大会

NPO法人21世紀構想研究会(馬場錬成理事長)が主催し、文科省、農水省などが後援する「第14回学校給食甲子園―地場産物を活かした我が校の自慢料理―」決勝大会が12月8日、女子栄養大学で開催された。

制限時間内の白熱の調理が展開

学校給食を調理している学校または学校給食センターに勤務している栄養教諭あるいは学校栄養職員と調理員が2人1組になって競い合う。応募1447チームから選考を勝ち抜いた12チームが決勝大会に進んだ。決勝大会では制限時間60分で調理、盛り付け、後片付けまでを完結させる。

優勝は兵庫県丹波篠山市立西部学校給食センター(田端廣美栄養教諭、出野年紀調理員)が輝いた。同センターの献立は、▽丹波篠山黒豆ごはん▽牛乳▽寒ざわらのデカンショねぎソース▽ふるさと野菜のゆずマヨネーズあえ▽天内いも入り根菜ぼたん汁▽うんしゅうみかん。

「丹波篠山黒豆ごはん」は、代表的な特産物である黒豆を使った伝統食。市内全小学校の3年生が黒豆の栽培・収穫・調理実習を行っている。寒ざわらの素焼きのソースに地元産のデカンショねぎを使用。あえものは地場産のはくさい・かぶ・かぶの葉・きんときにんじん・ゆずを使った彩り豊かなものにした。汁物は、いのしし肉と地元の根菜「天内(あもち)いも」を使用。このいもは近年、自家用に栽培する程度になってしまっており、復興する取り組みとして市内の大山小学校の4年生が地域の方の指導のもと栽培を学んでいる。今回は同校の4年生が栽培した天内いもを使用した。

優勝した田端栄養教諭(右)と出野調理員(左)

また、毎日給食を食べている小学生・中学生が選ぶ「もっとも食べたいと思う給食」には「子ども審査員特別賞」が授与された。審査には、3人の子ども審査員が加わり、同賞が長野県長谷学校給食共同調理場(原真理子栄養教諭、中尾志津香調理員)に贈られた。

審査講評では長島美保子審査副委員長((公社)全国学校栄養士協議会会長)は「今回は、2018年8月1日の改正された学校給食摂取基準を踏まえた栄養管理のもとで、実施済みの献立を応募した。塩分の摂取基準の量が下げられ、現場でも苦慮されたと思うし、ハードルも高かったと思う。その分、食材の味、出汁、柑橘類を活用した調理など様々な工夫が凝らされていた点を評価したい」と今大会の献立の特徴について述べた。

詳細は学校給食甲子園サイトに。