高齢者の困りごとに「子ども福祉委員」が主体的に活動

阪南市社会福祉協議会が全国大賞受賞

(公財)パナソニック教育財団(小野元之理事長)は2月5日、東京都千代田区の東海大学校友会館で「子どもたちの“こころを育む活動”表彰式」を開催した。全国各地の団体から142件の応募があり、審査の結果、全国大賞1団体、優秀賞6団体が選ばれ、全国大賞には社会福祉法人 阪南市社会福祉協議会(大阪府)が選ばれた。

同財団では、子供の心を明るく育てるため「こころを育む総合フォーラム」(座長・鷲田清一大阪大学名誉教授)を組織し、全国的な活動を展開している。「子どもたちの“こころを育む活動”」はその一環として、学校と関わりながら、地域、家庭、企業など、さまざまな立場の人が共に行う活動事例を募集し、顕彰するもの。

全国大賞に輝いた社会福祉法人 阪南市社会福祉協議会は「あなたも私も笑顔になる~子ども福祉委員~」のテーマのもと、阪南市内の小中学生によるボランティア組織、子ども福祉委員を創設し、子供たちは地域を回り、高齢者の困りごとを募るなど、課題の発見・解決に向けて積極的に取り組んでいる。

月に1~2回の活動内容は、支えが必要な高齢者宅を訪問して庭の手入れや掃除などのお手伝いをしたり、福祉施設のお手伝いや掃除イベントを企画したりしている。

子供が主体的に計画・行動し、地域の高齢者ら一人ひとりの声に耳を傾け、これらの活動を通して感謝の言葉や笑顔に触れ日々成長している姿が見て取れる点や「子ども福祉委員」というユニークな発想、無理のない助け合いの気持ちがあり、さまざまな地域に波及することが期待できる点が評価された。

優秀賞の受賞5団体は次の通り。

▽網地島ふるさと楽好(宮城県)

▽特定非営利活動法人 Art for Children’s SHINE(千葉県)

▽多摩市立東落合小学校第6学年(東京都)

▽神戸市職員有志(兵庫県)

▽ぷろじぇくと えん(鳥取県)▽特定非営利活動法人 チャイルドケアセンター(福岡県)

※「ぷろじぇくと えん」と「特定非営利活動法人 チャイルドケアセンター」は同内容のためペアでの受賞。

活動の詳細はHPを参照。