教員の採点業務を効率化 準備から返却までをサポート 光文書院

教科書や学校向けのドリルを発行している 株式会社光文書院はこのほど、全国の小学校でデジタル採点支援ソリューション「EdLogクリップ採点支援システム ひまわりエディション」のトータル採点パッケージの提供を開始すると発表した。

「EdLogクリップ採点支援システム ひまわりエディション」とは、同社と学校現場のICT導入や働き方改革推進のサポートを展開している株式会社EdLogの業務提携により実現したシステム。従来は全ての工程が手作業で行われていた採点業務を効率化することで、教員の業務負荷を軽減し、児童一人一人と向き合う時間の創出を目指す。

ひまわりエディションでは、テストの解答用紙をスキャンすることで、設問ごとに全児童の答案を連続・集中して採点可能な「串刺し採点方式」により簡単に採点できるのが特長だ。

同じ設問ごとに全児童の答案が並んで表示されるため、採点作業の効率化や採点ミスの減少、採点基準の統一化の実現が可能。さらに、採点結果は光文書院の総合評価支援システム「ひまわり先生」とのデータ連携により、児童一人一人の理解度を確認しながら、児童に寄り添った指導が容易になる。

小学校現場から寄せられた「ソフトウエアの運用」や「カラー印刷コストの低減」といった声に応える形で、「ソフトウエアの導入から印刷までの一貫サポート」や「カラープリンタ複合機の定額パッケージ提供」などを統合して提供。

同パッケージでは、パッケージ用にカスタム化されたNECカラープリンタ複合機「マルチライタ」を使用し、「決められた枚数までならいくらカラー印刷をしても料金が変わらない」というサブスクリプションモデルを取っている。

今回の発表を受け、日本電気株式会社のプラットフォームソリューション事業部長・本永実氏は「このデジタル採点支援ソリューションと併せてご活用いただくことにより、教員の働き方改革がより推進されると確信している」と賛同のコメントを寄せた。