学習活動ソフトとWebシステムを6月に発売 Sky株式会社

主体的・対話的で深い学びを支援する

Sky株式会社は、タブレット端末に対応した学習活動ソフトウェア「SKYMENU Class 2020」、コンピュータ教室での学習活動をサポートする学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro 2020」、学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」をそれぞれ開発、6月に発売する予定だ。

学校のICT環境は、「高速大容量の通信ネットワーク」「1人1台の学習者用端末」「クラウド」の整備・導入が進み、大きく変わろうとしている。こうした中、同社は子供たちが学習活動に取り組みやすい仕組みと「主体的・対話的で深い学び」を支える機能を提供し、子供たち自身が未来社会を創造する力を育む「未来の学び」の実現をサポートしてきた。

タブレット端末を活用した「SKYMENU Class 2020」は、子供たち一人一人の考えをリアルタイムに共有して協働的な学びに生かす仕組みや、一人一人の反応を踏まえた双方向型の一斉授業を可能にする機能を搭載。個人で思考・表現する力や比べ・伝え合う力を養い、気付きを促す学習を可能にする。

「SKYMENU Pro 2020」は、コンピュータ教室において高速で安定したネットワークに接続し、豊富なコンテンツとデータ管理ができる1人1台のコンピュータを活用した主体的な学びと、正解のない課題に向かって対話的・協働的に解決していく新たな学びを目ざした学習活動をサポートする。

「SKYMENU Class 2020」と「SKYMENU Pro 2020」の両ソフトウェアの特徴として特筆すべきは、子供たちが、与えられた課題に対する自分の考え(立ち位置=ポジショニング)を、マーカを配置して示すことができる点だ。

考えの変化に応じて何度でもマーカを再配置でき、その変容の過程を自動的に記録。考えの「ゆらぎ」を可視化して振り返ることができる、という。さらに、両ソフトウェアとも、各教室や教職員間での校内情報の共有に活用できる電子連絡板となり、校内の情報をリアルタイムで共有できる。

同じ校内サーバを共有・運用でき、ユーザ管理や個人フォルダなどを一元化できるなど、「SKYMENU Pro 2020」と「SKYMENU Class 2020」とあわせて利用することで、さらに便利に利用することができるそうだ。

政府の「クラウド・バイ・デフォルト原則」に沿った学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」は、児童生徒一人一人が、それぞれ異なる情報端末を学習活動に利用する時代に合わせて、クラウド環境で利用できるシステムだ。Windows PC、Chromebook、iPadに搭載されたブラウザで動作し、情報端末の種類を問わず活用できる。

「主体的・対話的で深い学び」を踏まえながら、いつでもどこでも教師と児童生徒が学びに向かい合える環境が整えられつつある中で、今後ますます需要が増すだろう。

詳細は同社サイト