子供のネット依存考えるシンポ 5/30にオンライン開催

休校が長引き、家にこもる時間の多い子供たちのネット依存が憂慮される中、「withコロナに向けた緊急Webシンポジウム~青少年と専門家が一緒に考える子どものストレス、ネット依存~」が5月30日午後2時から午後4時半まで、オンライン形式で開かれる。

兵庫県立大を基盤に学生らと活動するソーシャルメディア研究会の主催。同研究会の代表で、子供のネット問題の研究に取り組む兵庫県立大環境人間学部の竹内和雄准教授、ネット・ゲーム依存問題を研究する神戸大医学部の曽良一郎教授、ストレス・トラウマの研究に取り組む兵庫県立大大学院減災復興政策研究科の冨永良喜教授が講演、鼎談し、高校生らを交えた討論も行う。

Zoomで先着500人が無料視聴でき、チャットで質問もできる。YouTubeでも無料中継する。