第12回日本語大賞の作品募集 小中高校生らにエッセー、作文など

NPO法人日本語検定委員会は「第12回日本語大賞」の作品を募集している。テーマは小学生・中学生の部が「心にひびいた言葉」、高校生・一般の部が「私を動かした言葉」。テーマに関する自由な発想でのエッセーや作文を募っている。

募集期間は9月30日(当日消印有効)まで。学校等の団体応募も受け付ける。小学生の中・低学年の部で400~1000字、高学年の部で600~1200字、中学生の部、高校生の部で1200~2000字、一般の部1600~2400字。作品には、テーマにふさわしい独自のタイトルをつける。パソコン・ワープロの場合は、A4判横向きに縦書きで、1行40字詰めに設定。手書きの場合は400字詰め原稿用紙を使用。

表彰は、各部門から文科大臣賞各1点。優秀賞各3点。佳作各5点。審査結果は来年2月中旬に同委員会サイトに発表され、入選作品は後日発行する作品集に掲載される予定。

審査基準は、▽募集テーマに沿っているか▽文章構成がよくできているか▽創造性・独創性があるか▽読み手の心に響くものか▽誤字、脱字がなく、その他、表記が正確か――。

応募要項や詳細は同委員会サイト

問い合わせ、送付先は同委員会日本語大賞係=〒114-8524東京都北区堀船2-17-1/℡03(5390)7472。Eメール=contest@nihongokentei.jp