第15回全国学校給食甲子園決勝大会 優勝は青森県外ヶ浜町給食センター

認定NPO法人21世紀構想研究会(馬場錬成理事長)が主催し、文科省、農水省などが後援する第15回全国学校給食甲子園決勝大会が12月5日にオンライン形式で開催された。

学校給食を調理している学校または学校給食センターに勤務している栄養教諭あるいは学校栄養職員と調理員が2人1組になって献立内容を競い合った。応募1412チームから選考を勝ち抜いた12チームが決勝大会に進んだ。

審査の結果、青森県外ヶ浜町給食センター(長沼裕美子栄養教諭、佐々木弘美調理員)が優勝の栄冠に輝いた。同センターの献立は、▽黒まいたけごはん▽牛乳▽青森シャモロックみそバターソテー▽みちのく山菜のごまあえ▽風太鼓汁▽皮付きりんご(つがる)。

「黒まいたけごはん」は同町内の社会福祉施設で栽培する黒まいたけを使用し、ごぼうやえだまめと一緒に外ヶ浜産米「まっしぐら」を使い炊き込んだ。主菜には肉用鶏「青森シャモロック」を地元のB級グルメ「みそバター牛乳ラーメン」にヒントを得て、みそバター味でソテーした。外ヶ浜町は山菜の宝庫であり、今回は山菜の苦みを消すため青森の甘いとうもろこし「嶽(だけ)きみ」を加え、彩りよいごまあえにした。「風太鼓汁」は青森特産のほたてを「太鼓」に、細切り昆布となるとを「風」に見立てた汁もので、県が開発した地場産のいわし・昆布・しいたけなどをブレンドした万能だし「できるだし」を使用した。りんごは太宰治の小説にちなんで「つがる」を皮付きで提供した。これらの献立は海産物「赤の食品」、山菜「緑の食品」、おいしいお米「黄色の食品」に恵まれた外ヶ浜町への愛着を育み、町の繁栄を願う思いが込められている。

審査講評において長島美保子審査副委員長((公社)全国学校栄養士協議会会長)は「学校給食摂取基準を順守した栄養管理のもと学校給食として実施された献立を募集した。地場産物の学校給食への効果的な活用、子供が喜び郷土愛を育む献立、学校における食育の教材となる給食、衛生管理や彩りへの配慮などを審査基準とした。青森県外ヶ浜町給食センターの献立は、豊かな地場産物を活用し、一つ一つの献立のネーミングも給食への期待感をより一層かきたてる彩りの美しいものだった」と高く評価した。

詳細は全国学校給食甲子園サイト