学校とICTフォーラムオンラインを開催 4月19日から5月17日の期間で Sky株式会社

Sky株式会社は4月19日から5月17日の期間で「学校とICTフォーラムオンライン」を開催する(参加無料)。学校の教員、教育委員会および自治体の職員が対象。

GIGAスクール構想によって児童生徒1人1台端末環境をむかえることとなり、授業をはじめ普段の学校生活、家庭学習でどのように活用できるのか。「学習の道具」として、1人1台端末が児童生徒にどのように馴染み、日常化していくのか。現場で実践する教員と有識者による対談から、指導のポイントや活用の工夫を議論する。

開催概要は次の通り。

▽特別講演/國學院大學田村学教授「令和の日本型教育の構築 -探究の質を高める「協働的な学び」-」

▽基調講演/放送大学中川一史教授「1人1台端末の軽やかな日常使いのポイント」

▽実践発表「小学校2年生が1か月で日常的に活用できるようになるまでのプロセス」発表者は茨城県那珂市立芳野小学校黒羽諒教諭。聞き手は茨城大学小林祐紀准教授。「1人1台端末環境で進む、生徒主体の学び ~4年間のChromebook活用の軌跡と新たな展開」発表者は北海道教育大学附属函館中学校有金大輔教諭、郡司直孝教諭。聞き手は放送大学佐藤幸江客員教授。「1人1台端末で子どもの学びがつながる!いつでもどこでも」発表者は金沢大学人間社会学域学校教育学類附属小学校福田晃教諭。聞き手は北陸学院大学村井万寿夫教授

申し込みは「学校とICTフォーラムオンライン」特設ページまで。