日本童謡賞に大竹典子さん 童謡文化賞に坂田おさむさんが受賞

(一社)日本童謡協会(湯山昭会長)主催の第50回日本童謡賞と2021年童謡文化賞(協賛・東京書籍(株))の贈呈式が7月1日、都内で開かれた。

日本童謡賞、童謡文化賞、ふたば賞の贈呈式

日本童謡賞には大竹典子さんの童謡詩集「ぼくがうまれたひ」(リーブル刊)が受賞した。この童謡詩集には、選び抜かれた言葉が、丁寧に並べられており、子どもの歌になくてはならないものである「読んでほっとする優しさ、温かさ」があることが高く評価された。

受賞した大竹さんは「童謡は新しい出会いと発見を与えてくれた。新しい世界が広がり、多くの作曲家、詩人と出会うことができた。童謡を創作するには子どもの目線になることが大切だと思うし、それが生きる糧につながる」と思いを述べた。

また、日本童謡賞・特別賞には長田暁二さんの「童謡名曲事典」((株)全音楽譜出版社刊)が、日本童謡協会奨励賞は岩﨑記代子さんが受賞した。

童謡文化賞は坂田おさむさんが受賞した。シンガーソングライターとしてNHK教育テレビジョン「おかあさんといっしょ」の第7代歌のお兄さんとして8年間にわたり活躍。その経験を生かし、自らの作品を番組に提供し続け、全国の子どもたちを喜ばせた。また、活動の傍ら、全国の恵まれない子どもの元を訪れ、多くのコンサートを開催するなど、歌を通じて子どもに寄り添った長きにわたる活動が高く評価された。

また、同協会の50周年を記念して、新しい童謡の書き手の発掘とその支援を目的に、童謡の作詩・作曲コンクール「ふたば賞」を創設。全国から316作品が寄せられ、秋のブランコ(豊崎えい子さん)、いえないことば(富田美知子さん)、ぼうしさん(星野真奈美さん)の3作品が入選の栄誉に輝いた。

鈴木三重吉による児童文芸誌「赤い鳥」の刊行以降、この児童文芸誌づくりに日本を代表する詩人や作曲家が参画して童謡が生まれた。その思いを引き継ぎ、日本童謡協会は1971年に日本童謡賞を、2002年に東京書籍(株)の協賛を得て童謡文化賞を設け、童謡文化の普及発展に寄与した個人、団体を表彰している。

関連記事