第20回城の自由研究コンテスト 小・中部門で文科大臣賞が決定

(公財)日本城郭協会と株式会社ワン・パブリッシングが主催する第20回小学生・中学生「城の自由研究コンテスト」(後援・文科省、(株)教育新聞社ほか)の表彰式が昨年12月18日、横浜市のパシフィコ横浜で行われた。

全国から462点の応募があり、入賞・佳作20点が表彰された。文科大臣賞には、小学生の部は埼玉県三郷市立幸房小学校5年生足立晴音さんの「道庭城の謎は深まるばかり」が、中学生の部は香川県香川大学教育学部附属高松中学校3年生山中槙子さんの「引田城の石垣石の行方を探る」がそれぞれ受賞した。

城の自由研究を総合的な学習の時間や社会科の単元、夏休みの課題などとして積極的に取り組み、城を通してわが国の歴史に対する理解と愛情を育てる指導を実践したと思われる団体(学校)を表彰する団体(学校)賞には、広島県広島大学附属東雲中学校が受賞した。

コンテストや他の受賞者など詳細は、同協会ホームページを参照。

あなたへのお薦め

 
特集