デジタル教材でビジョン策定 児童生徒の学習活動を支える 日本図書教材協会

 教材出版社の団体である(一社)日本図書教材協会はこのたび、ICT活用が進む学校現場に向けて質の高い学校用教材を開発・発行・供給している加盟出版社の役割や姿勢を広く知ってもらおうと、『ICT活用に対応した学校用デジタル教材ビジョン』を策定した。

 日本図書教材協会に加盟する教材出版社は、長年にわたって有益適切な図書教材を発行し、全国津々浦々の小中学校に供給を続けている。教育の機会均等を確保し、児童・生徒の学力保障に貢献するという重要な役割を担ってきた。

 GIGAスクール構想の後押しもあり、教科書および教材のデジタル化が推進されているが、既にさまざまなデジタル教材を開発・発行するなど、紙と共にデジタル分野においても大きな役目を果たしている。

 加盟出版社は、学習指導要領や教科書の研究に始まり、学力・学習・評価などさまざまな観点からの研究を重ね、有益適切かつ良質な図書教材を開発・発行している。現場の教師の声を聞いて、教材の改善に努めている点も特徴だ。

 全国の小中学校で広く使用されている実績とノウハウをもとに、今後も学校現場におけるICT活用に対応した質の高い学習用デジタル教材を開発していく考えだ。

 さらに、紙とデジタル双方の特徴を生かし、個別最適な学びや協働的な学びにつながる教材開発の他、文科行政が推進している「教科書とデジタル教科書との適切な連携」「学習指導要領コードの活用」「学習eポータルへの参画」などについても研究を進めていく。

 また、良質な教材づくりに加えて、「公平採択の環境づくり」「迅速・正確・適切な供給」「学校現場への小まめなアフターフォロー」「情報提供や教材活用の提案」「教材の持続可能な普及」も、加盟出版社が長年にわたって果たしてきた使命である。学校教材に携わる者として今後もこの役割を担っていくとしている。

 長年の実績とノウハウをもとに作られる加盟教材出版社の良質なコンテンツは、ICT活用が進む学校現場においても、学力保障の上で重要なものである。今後も、紙とデジタル双方の特徴を生かすことで、学校、教師、児童生徒の学習を支えていく考えであるという。

 一般社団法人日本図書教材協会 URL TEL=03(3267)1041

あなたへのお薦め

 
特集