非認知能力育成に成果 「総合的な探究の時間」実施に向け 『Edv Path』初期費用無料キャンペーン

 近年注目される非認知能力に着目した、生きる力を育むための成長型支援サービス『Edv Path(エデュパス)』を提供するEdv Future(株)は、『Edv Path』の導入に掛かる初期費用無料キャンペーンを2022年4月1日(金)まで延長すると発表した。

 同キャンペーンは21年10月にスタートしたが、多くの反響があったことからこのたび実施期間の延長を決めた。

 背景には、22年度から本格的に実施される「総合的な探究の時間」の授業の存在がある。

 同社が21年4月、全国の教職員200人を対象に行った調査によると、約4割の高校で「総合的な探究の時間」の実施に向けた準備ができていないことが明らかになった。原因の一つとして、学校現場に評価方法や授業実施のノウハウがないことが浮き彫りにされた。

 『Edv Path』は、近年注目される非認知能力に着目した、生きる力を育むための成長型支援サービスである。主体的な学びと自律的な進路選択を実現するため、生徒一人一人の非認知能力を可視化・数値化してデータとして蓄積し、成長支援を行うための学習プログラムとコーチングプランを提案するアカデミックデバイスソフトウエアだ。

 「総合的な探究の時間」の授業で『Edv Path』を活用することにより、客観的な評価データの測定が可能となり、年間35コマ分の探究学習プログラムの実施、エビデンスに基づいた指導・コーチングを行うことができる。さらに、『Edv Path』には「スライド・指導案(脚本)・ワークシート・フィードバック資料」一式が付属されており、学校現場の負担軽減にもつながると期待されている。

 『Edv Path』初期費用無料キャンペーンは、22年4月1日申し込み分までが対象となる。

 Edv Path公式サイトURL

あなたへのお薦め

 
特集