第7回関西教育ICT展 8月4、5日 インテックス大阪で開催

第7回関西教育ICT展(主催/(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)、(一財)大阪国際経済振興センター(インテックス大阪)、テレビ大阪(株)、(株)テレビ大阪エクスプロ)が8月4、5日の両日、大阪市のインテックス大阪で開催される(画像は昨年開催の様子)。

多くの関連企業・団体が出展

テーマは「ICTで教育力を高める!教育現場でのICT活用の提案」。学校におけるよりよい教育の実現を第一に考えた活用法を提案する。

今回も多くの関連企業・団体が出展。ICT機器、授業支援システム、校務支援システム、教育用ソフトコンテンツ、セキュリティー対策、eラーニング、プログラミング教育、デジタル教科書、特別支援教育、英語・外国語教育など、さまざまな分野をカバーしている。

セミナーなどで取り上げられるテーマは、教育の情報化といった全体的な話題から、整備・活用、校務の情報化や情報活用能力といった個別のテーマまで、多彩な内容となっている。

主な内容は次の通り。

多様な講演、ディスカッションなどが行われる

【8月4日】

▽「特別パネルディスカッション4都市教育長(大阪市・堺市・東大阪市・生駒市)が語る『GIGAで育てる次代が求める資質・能力』」コーディネーターは山西潤一(一社)日本教育情報化振興会会長▽「教育の情報化の最新動向と学校現場の課題」堀田龍也東北大学大学院情報科学研究科教授▽「GIGAスクール構想の実現について」山田哲也文科省初等中等教育局修学支援・教材課修学支援・教材課長▽「ワクワクする学校空間と先進的ICT教育で育むSociety5・0時代の教育」毛利靖つくば市立みどりの学園義務教育学校前校長▽「クラウド活用での教育情報セキュリティ」西田光昭柏市教育委員会教育研究専門アドバイザー▽「児童生徒一人一人の学びの質を高める1人1台端末の活用」高橋純東京学芸大学教育学部教授▽「となりの学校 ICT活用、探究学習、アクティブラーニング何してる?―BYOD、グローバル、未来の教室、高大連携など―」コーディネーターは米田謙三関西学院千里国際中等部・高等部進路情報センター長、高2学年主任教諭▽「学習者用デジタル教科書が拓く学びの未来」コーディネーターは中川一史放送大学教授▽「中学校版『情報活用能力ベーシック(ベータ版)社会』に基づく授業実践」コーディネーターは佐藤幸江放送大学客員教授▽「~民間教育を取り巻く環境とこれからの目指す方向性を考える~」安藤大作公益社団法人全国学習塾協会/日本民間教育協議会会長▽「教員主体のGIGAスクール構想の展開と大東市教育委員会の役割~民間出身教育長の発想から~」水野達朗大東市教育委員会教育長▽「広がる必修化、教育機関に求められる『AI・データサイエンス教育』の進め方」コーディネーターは中野淳日経BP日経BOOKSユニットユニット長補佐▽「教育・研究支援システムのエコシステム化~LTI連携を中心に~」コーディネーターは深澤良彰大学ICT推進協議会(AXIES)会長▽「社員のリスキリングを支援する企業教育DXの最新動向」川口泰司ラーニングイノベーションコンソシアム代表理事▽「eラーニングシステムで〝いますぐできる〟教育DXの基本のキ」桑原新株式会社デジタル・ナレッジ西日本支社西日本ソリューション事業部シニアコーディネーター▽「保育現場におけるICT利活用と業務負担軽減について」林俊宏厚労省子ども家庭局保育課課長▽「公益財団法人パナソニック教育財団2022年度成果報告会」

【8月5日】

▽「教育DXに対応した地域や学校の推進体制と教員研修~九州3県(福岡、佐賀、熊本)の先進事例~」コーディネーターは山本朋弘中村学園大学教育学部教授▽「文部科学省CBTシステム(MEXCBT〓メクビット)について」弟子丸知樹文科省総合教育政策局教育DX推進室係長▽「関西6自治体(大阪市・京都市・桑名市・奈良県・枚方市・箕面市)によるGIGAスクール導入後の教育データの活用について」コーディネーターは堀田博史園田学園女子大学人間教育学部教授▽「情報を捏ねる場所・機能としての大学図書館」▽「GIGAスクール構想実現の過程で直面した課題とその解決策」コーディネーターは東原義訓信州大学名誉教授▽「特別支援教育におけるICTの活用」▽「情報活用能力を育む授業デザインを考える」コーディネーターは小林祐紀茨城大学教育学部准教授▽「GIGAスクール端末で学ぶ情報モラル」コーディネーターは藤村裕一鳴門教育大学大学院学校教育研究科教授▽「情報1.スタート」柴田功神奈川県立希望ヶ丘高等学校校長▽「GIGAスクール環境を活用した校務改善」水谷年孝春日井市立高森台中学校校長▽「プログラミング教育をテコ入れしよう」安藤明伸宮城教育大学教科教育学域(技術科教育)教授▽「コロナ禍前後での学びの変化~対面・オンラインでの教育効果比較~」▽「保育でのICT活用をはじめる第一歩」堀田博史園田学園女子大学人間教育学部教授▽「成功事例に学ぶ!eラーニングの始め方・進め方~関西での事例に見るeラーニング活用のポイント~」▽「ポストコロナのワークスタイルと新しい人材育成の形~教育DXを推進する専門家育成の重要性」青山昌裕日本イーラーニングコンソシアム副会長▽「公益財団法人パナソニック教育財団2022年度成果報告会」

来場登録やセミナー聴講登録など同展の詳細は案内サイトまで。

あなたへのお薦め

 
特集