教員採用試験の最新動向【合格倍率】

教採対策は倍率チェックから始めよう!教員採用試験の合格倍率にはトレンドがあります。これまでの経緯や背景とともに、合格倍率の最新動向に迫っていきましょう。

2019年度教員採用試験の実施状況

減る受験者、増える合格者

2019年度(2018年度実施)公立学校教員採用選考の実施状況を本紙調べで集計。全国69県市の平均倍率は、前年度の4.6倍をさらに下回る4.0倍となった。

受験者は14万7180人で、前年度(15万9294人)より1万2114人減少。2013年度採用から比べておよそ2割減(△18%)となり、同年度以降で最少となる。

今夏教採の最終合格平均倍率4.0倍 6年連続で低下
全国PDFをダウンロードできます

一方で最終合格者は3万6777人で、同年度以降1割増(+12%)となった。受験者が減少の一途をたどる一方、合格者数は増加を続け、同年以降で最低の倍率となった。

民間企業への流出と、実践力を求める採用側の意図

背景にあるのは、新規学卒者における民間企業への流出だ。2018年3月に文科省・厚労省が発表したように、2018年3月大学等卒業予定者の就職内定率が9割を超え、就職売り手市場となっている。一方で学校現場では、団塊世代の退職が進み、採用側にはさまざまな層から実践力のある候補者を確保したい意図がある。

今夏から東京都が筆記試験等で合格最低基準点を設けるなど、各県市でさまざまな方策を進めており、今後の採用方針の動向に注目したい。

【関連】今夏教採の最終合格平均倍率4.0倍 6年連続で低下

【完全版】2019年度(2018年度実施)教員採用試験の受験者数・合格者数・倍率・変更点
総受験者数・2次受験者数・最終合格者数・最終合格倍率
今夏教採の最終合格平均倍率4.0倍 6年連続で低下
1次受験者数・1次合格者数・1次免除者数・採用見込み数・1次合格倍率
今夏教員採用1次選考倍率 約7割の県市で倍率下がる

東日本(北海道、東北、関東、中部)

今夏の教員採用選考はこう変わる 採用担当課長に聞く 【東日本32県市】

西日本(近畿、中国、四国、九州)

今夏の教員採用選考はこう変わる 採用担当課長に聞く【西日本33県市】

専門家による教採対策のオリジナル記事もチェック!

previous arrow
next arrow
Slider

教採対策のプロが読み解く 2018年度実施試験の選考倍率

全国で見られる倍率低下の主因

各自治体から続々と、今年度実施試験の志願状況が公表されている。全体として言えるのは、志願者数が減少傾向にあること。採用見込み数を減らした自治体においても、志願者数の大幅減によって倍率が下がるという状況が、各地で見られる。

佐藤明彦さんの画像
佐藤明彦(月刊『教員養成セミナー』前編集長/教育ジャーナリスト)

全国最多の志願者数を集める東京都では、小学校の競争倍率が2.7倍となり、前年度(3.6倍)より0.9ポイント下がった。中学・高校に至っては前年度の9.7倍から半分近い5.0倍にまで低下するなど、過去に類をみない大幅低下となった。大阪府も、中学校で5.9倍(前年度7.7倍)、高校で11.7倍と(前年度13.1倍)と、軒並み倍率を下げている。その他の自治体も、中学校と高校を中心に、志望者減が目立つ。

志願者減の2つの背景

志願者減の背景は、大きく二つある。一つは、景気が良好で民間就活が「売り手市場」な点。もう一つは、教員の過重労働をめぐる報道により、「学校=ブラック」というイメージが広がっている点だ。そんな状況がここ1~2年続く中で、大学2年あるいは3年進級時に、早々と教職課程の履修から離脱した学生も多い。

【関連】直前講座 合否を分ける教採対策10の「新常識」(2) 額面通りに受け取れない「競争倍率」

今後の倍率はどうなるのか?

2019年度実施試験の倍率はどうなるのでしょうか?教員採用試験の競争倍率が下がっている――。そんなうわさを耳にした人も多いでしょう。確かにここ数年、緩やかな低下傾向にあり、2017年度実施試験では4.6倍(全受験区分平均・教育新聞社調べ)と、過去5年で最も低倍率となりました。

【関連】合格を勝ち取る教採対策講座 ウォーミングアップ編(3)気になる「競争倍率」をチェック

「教育新聞」読者の合格率は、全国平均の3倍高い

「新卒は不利だ」と言われる教員採用試験ですが、教育新聞の読者の新卒合格率は、全国平均の3倍も高いことが分かっています。

その理由は教育新聞の『3つの強み』にあります。

さらに大学生(院生)・臨時教員(講師)の方は、3割引で購読できます。教育新聞で、現役合格を勝ち取ろう!(【関連】教育新聞 学割案内

教育新聞 学割案内