(円卓)風評被害

水俣浮浪雲工房主宰 金刺 潤平

 

テレビの報道番組で「風評被害」という言葉が、とんでもなく安易に使われているのを耳にする。

以前、水俣が風評被害に苦しんだのは事実だ。汚染されたのは不知火海、水俣湾。海であるにもかかわらず、農産物まで水俣産というだけで売れなくなった。群集心理で、難を避けるというような感覚で遠ざけられたのだと思う。

このごろ使われている「風評被害」は、全く趣が異なる。水俣湾では、水俣病の汚染物質である基準値を超える水銀ヘドロや汚染魚が封じ込められ、安全宣言が出された。

それでも、水俣ブランドの魚は、いまだに店頭で売れない。厳しい現実である。これは「風評被害」などではなく、再生していく当たり前の一過程に他ならないのだろう。

実際、WHOの汚染基準値や摂食基準に比べて日本の基準は低く、未解明な部分もある。県内大手流通業者だった人と水俣について話したことがある。
彼は、流通に携わる経営者であれば、水俣の海産物を一般的に扱うには100年はかかると考えるのが常識だと語った。

「風評被害」という言葉が氾濫を始めたのは、原発事故後、福島の復興がうたわれ始めてからの気がする。

除染作業が終わり、基準値を下回る放射線のレベルであれば、ゼロと表記してよい。安全が確かめられ、保証されるのであれば、消費されていいと思う。とはいえ、売れなくても、決して「風評被害」ではない。

水俣同様、雨風によって動く放射性物質の影響は、まだ何も分かっていない。「風評被害」という言葉が、新たに小さな声を出そうとする者に対する抑圧につながっているように思えてならない。

福島の復興には、農業等の振興が進まなければならないのは、自明だ。ところが農産物は、当たり前に売れない。これを「風評被害」で売れないとしている。フクシマ=危険との思い込みを強くもっているために、人々の農産物の購入が進まない。

では、実際に害を被っている人たちは、どうなるのか。被害を訴えれば、汚染経路も確認できないため福島のイメージは、さらに悪くなる。新たに人々の農産物購入を控えさせてしまう。

人間以外の動植物の異変も同様だ。もっと正確な情報を基に、この先について議論するべき〝時〟だ。

関連記事