(円卓)ESDが終わる時

「持続可能な開発っていっても、どれくらいの年数を念頭においているんですか」

数年前、ESD(持続可能な開発のための教育)について、岡山大学で大学院生さんから質問されたとき、私は「『2050年の大人づくり』をめざしている東京都多摩市では、一世代くらい将来のことを考えています…」と、口ごもっただけだった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。