(円卓)ネットワーク化進む

東京都多摩市立連光寺小学校長 棚橋乾

 
 最近、研修会で講師を務めると、ESDを知っている、実践しているという学校や先生が増えていると感じる。また、東京都教育委員会・都立高校に関するホームページにESDが明示されたり、それを指導目標に位置づけたりする教育委員会も増えている。

ESDは着実に浸透しつつある。そこで、学校のESDについて振り返り、今後の展望を述べたい。

ESDは、持続可能な社会をつくることへの価値観と実践力の育成が目的であり、小学生からユースまで幅広い年代が学習者である。その中でも、学校でESDに取り組むことは環境などに関わる主体的な学びを通して、価値観や意欲といった情意面の育成を図ることと、実践への基礎を育てる意義がある。

この実践の基礎とは、さまざまな問題に対して協働的に問題解決を図る能力(学力)を図ることである。

教育であるから能力育成は必要だが、コンピテンシー主体の教育とは異なる。ESDで育てる価値観には、環境への思いやり、人への思いやり、社会への思いやりといった、人としての生き方や、人格形成に関わることが柱となっている。持続可能な社会をつくる教育として、単に環境問題を扱う以上の教育的な価値をESDは有しているのである。

こうした側面や、発達段階にあったESDを積み上げるように実践することも、これまでは曖昧になっていたと感じる。

児童生徒主体の学びがあってこそのESDであるが、主体的な学びとはどのように指導するのか、どのような評価が必要か、ホールスクール・アプローチについても、さまざまな学校での実践をもとにした議論、吟味や研究が必要である。

協力してESDの実践を広げ高めるためには、ネットワークの存在が不可欠である。

昨年末からユネスコスクールでは、全国ネットワークづくりが進められている。今後は、地域の特性を生かしたネットワークによって、実践の共有や研究・研修の充実を図り、その上で、全国レベルでの連携を図ることとなる。

このネットワークがいずれ、実践校全体のネットワークに成長するのを期待している。

今後も、学校のESDを通して、持続可能な社会づくりを担う若い世代の育成に取り組み、歩み続けるESDを支援したいと考えている。

関連記事