(円卓)ランチの話

最近、海外視察で、あることを感じる。どの国もランチのコストが日本に比べて相対的に高い。欧米圏では日本円で普通に2千円相当はかかるし、アジア圏でも安いと思えることが少なくなった。逆に日本の300円台の牛丼など、アジア相場でもかなり安い部類に入ってくるのかもしれない。日本は他のアジアの国々と比べると物価は高く、給与面や生活水準などに差があり、まだまだ対等ではないと考えていたが、果たしてそうなのだろうか。疑問に感じた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。