(円卓)ハイブリッド型で

教育改革の大きなうねりがある。一方は、教師が主導で基礎・基本となる知識や技能を子どもたちに習得させて、確かな学力や道徳性を身に付けさせようとする守旧的な動向である。他方は、子どもが中心となって考え議論しながら問題を解決する能力を高めようとする進歩的な動向である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。