(円卓)ふるさと納税を学校へ

今、ふるさと納税が注目されている。平成20年度に始まった受け入れが、27年度には726万件、1652.9億円で、件数で134倍、金額で20倍に激増中だ。背景に、財政不足を補いたい自治体の努力や、疲弊する地方や被災地を支援したいとの人々の心情があるのも確かだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。