(円卓)持続可能なまちづくり

「桜で美しい学校、まちにしたい」——。

児童たちの純粋で心からの思いが地域を動かした。半世紀前、学校創立の際、住民が校庭やまちを桜でいっぱいにしたが、現在はその木々もまばらである。児童たちは、まず校庭に植樹する桜の苗木を得るため、オリジナル煎餅の販売や募金の呼びかけをした。校区内を隅々まで回って調査し、地域住民との懇談会で桜植樹への思いと計画を訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。