(円卓)シラバス公表の価値

カリキュラム・マネジメントの必要性が改めて提起された。同意である。各学校の教育課程編成にあたり、各教科・領域等の年間計画は基礎資料としても作成されるものと考える。しかし、その年間計画は「資料」として教員間の「共有」にとどまり、保護者や地域等に公表されていないのではないだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。