(円卓)ESDで働き方改革

「まず、驚いたのは教師が生き生きとしていることです。自然体という言葉も当てはまると思います。よい眼をしていますし、よい顔をしています。それは授業者だけでなく、学校にいる多くの職員から感じたことです。教師が生き生きとしているのですから、子供たちも生き生きとしています。学校教育は、教師の精神性(感情の状態)が仕事の質に強く影響を与えます。―中略―

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。