(円卓)「理想を持った現実主義」の精神

時の流れには緩慢がある。社会構造に大きな変化のない通常の時代(Period)、時間はゆったりと流れる。だが、社会構造が激変する画期(Epoch)では、目まぐるしい変化に我を忘れるかのようである。そして現在が画期にあることは、疑い得ない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。