(円卓)防災教育から減災教育へ

東京大学海洋教育促進研究センター主幹研究員 及川 幸彦




今夏の西日本豪雨や西日本を相次いで直撃した台風、そして先日の北海道を襲った地震と、最近の全国で連続する自然災害の苛烈(かれつ)さと被害の甚大さには、皆が驚愕(きょうがく)し危機感を持っている。

そのような巨大化し頻発する災害からかけがえのない命を守るために、教育はどのような役割を果たすことができるのだろうか。

日本では、防災教育という名前が、学校現場をはじめとして人口に膾炙(かいしゃ)されているが、そもそも人間が自然の猛威である自然災害の全てを完璧に防ぎきれるわけではない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。