(円卓)教職員の個別研修をサポート

京都市では、「一人一人の子どもを徹底的に大切にする」という教育理念の下、教職員自身が教育者としての責任を自覚し、子供への愛情や慈しむ心を根幹とした、専門職としての力量を持つよう研修に励んでいます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。