(円卓)エビデンスの供給と活用

2013年国際教員指導環境調査は、日本の中学校教員の長時間労働の実態を示して社会の関心を集めた。平成28年には文部科学省が教員勤務実態調査を実施。6割近くの中学校教員の勤務時間が過労死ラインを越え、教員労働時間も全職階で前回調査を超えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。