(円卓)デジタル教科書公開方法の検討を

公益財団法人教科書研究センター参与 細野 二郎

たくさんの教科書・教材会社などがデジタル教科書の開発を進め、指導者用デジタル教科書は、先進的な学校では既に日常的に使われている。

また、文科省も2019年度からの学習者用「デジタル教科書」の解禁を目指して、関連法案の提出を行っている。

筆者も教科書研究センターで行われたデジタル教科書の研究プロジェクトに参加したが、デジタル教科書の開発と普及の速度はかなり速い。

機器の技術進歩に合わせて、新しい機能が備わったデジタル教科書が開発され、学校では、電子黒板やタブレットの一人1台導入といった環境整備が進んでいる。

学校での使用が着々と進んでいる中で、一般の人々は、どれだけデジタル教科書について知っているのであろうか、疑問に思うところである。残念ながら、ほとんど認知されていないのが現状であろう。

以前、マスコミ関係者が取材で、センターを訪れた。その際、「デジタル教科書は話には聞くけれど、見たこともなければ、触ったこともないですね」と言っていた。「どこに行ったら見ることができるのでしょうか」と逆に質問を受ける始末である。

マスコミ関係者ですら本物を見たことがない、というのが実態である。事実、デジタル教科書は、一般の方にはまだ公開されていない。

また、先日、教師の卵を育てる教育系の大学院を訪ねて、これから学校の教員になる学生たちと話をした。彼らも皆、デジタル教科書を見たことがないと言っていた。

別の大学院の先生は、研究のためにデジタル教科書を見たいと思っているのだが、いろいろな制約があって入手しづらく困っているとも言っていた。
研究者ですら自由に見ることができていない。

これからデジタル教科書が日本の学校に普及していくためには、学校現場だけではなく、研究者や学生、保護者や一般の方にもどのようなものか、どのような効果があるのかを知ってもらう必要がある。

デジタル教科書には著作権などいろいろな制約があるが、教育委員会や学校といった狭い範囲ではなく、広くあまねく知ってもらうためにはどのような方法があるのか、知恵を絞っていく必要があろう。