(円卓)イクボスが先導する学校経営

玉川大学客員教授 小澤 良一

「イクボス」の認知度が2014年以降高まってきた。滋賀県ホームページ「滋賀のイクボス宣言企業応援ページ」によれば、イクボスとは、職場で共に働く部下の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と生活を充実させている上司(経営者・管理職)としている。厚労省では、「皆様からいただいたイクボス宣言」として、企業経営者や管理職、官公庁の管理職などからの声を広報している。これらは、具体的な取り組みとして次のような内容を挙げている。

▽職員間の情報共有やコミュニケーションを円滑にし、チームワークで業務を遂行する▽仕事の効率化や進め方の改善を図る▽時間外勤務の縮減に努める▽年次有給休暇をはじめ休暇を取得しやすい職場環境づくりに努める▽男性職員の育児参加を促進する。

学校の状況はどうか。文科省の16年度教員勤務実態調査によれば、中学校教諭の58%、小学校教諭の34%は、月当たりの時間外勤務が80時間を超え看過できない。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。