(円卓)「再方向性」を伴った新しい教育へ

大阪府立大学人間社会システム科学研究科准教授 伊井 直比呂


 今年1月、国連大学主催の国際教育交流事業の一環として、ユネスコスクール加盟校などを中心とする韓国教職員招聘プログラムが実施された。このプログラムは、東京での学校訪問を皮切りに岐阜県池田町(池田町教育委員会)、愛知県(愛知県教育委員会)、大阪府(大阪ユネスコスクールネットワーク組織)が受け入れ、各地で盛大な歓迎と充実した交流が行われたことが報告されている。

 実施要項によると、同事業は2003年に開始、05年からは日本からの訪問も始まって相互交流の形態をとっている。これまで567人の日本の教員が訪韓し、1995人の韓国教員が日本を訪れている、貴重な学び合いの事業だ。

 この日、大阪での韓国教員交流の場に臨場させていただいた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。