(円卓)正解のない決断力を

千葉敬愛短期大学学長 明石 要一

大学の授業で「判断力」と「決断力」の違いを説明しなさい、という問いを出します。学生たちは戸惑います。

なぜでしょうか。彼らはこれまでに、一見似通っているものの決定的な違いを探す思考をしてきていない、からです。

私は二つの説明をします。

一つは教科書的な説明です。判断力は、問題を解決するために情報をたくさん集めます。そして、さまざまなシミュレーションを描き、解決策をA案、B案、C案というように提案します。

A案なら90%の確率、B案なら70%の確率、C案なら60%の確率、と具体的な数字を示します。あらゆる知識を駆使し最善の解決案を用意します。

学校教育は、この判断力の育成を主たる目標にしています。ですから、判断力の優等生が東大生であり、中央官庁の役人であったりします。

一方、決断力は提出された三つの解決策の中から一つを選ぶのです。

決断力は必ずしも達成の確率が90%のA案を選ぶとは決まっていません。もろもろの条件を加味しながら70%のB案を選ぶこともあります。

最後に責任を持って決める力が、決断力です。これは学校教育より社会教育の場で育てられます。知識より経験値に支えられた知恵なのです。正解のない問題に挑むのです。

二つ目は、具体的でズバリと分かる説明です。

恋愛は判断力です。結婚は決断力です。恋愛は相手の趣味や家族構成、何に興味を持っているか、さまざまな情報を手に入れます。

結婚は清水の舞台に立ち、片目をつむり「エイ・ヤ」と言って飛び降りる、のです。

もう一つ、学校において教頭は判断力を求められます。そのため地域や教育委員会などのさまざまな情報を集めます。

校長は決断力が必要です。後がない立場なのです。教頭が集めた情報に基づき、最終的な決断を一人で行います。

従って、教頭職が長く、判断力しか持ち合わせていない人が校長になると、決断ができずに、書類ばかりがたまっていき、部下が困るのです。

今、教育界で求められているのは、子供たちに正解のない決断力を身に付けさせる具体的な教育プログラムの開発です。