(円卓)高校生水会議を終えて

渋谷教育学園渋谷中学高等学校副校長 高際 伊都子


 スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業が始まって、5年が過ぎようとしている。この事業の目的は、「将来、国際社会で活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る」ために、「必要とされる国際的な素養を身に付ける教育」を行うこととなっている。

 渋谷教育学園渋谷高等学校は、同幕張高等学校と共に、初年度からの指定校となっている。最終年度を迎えた今年の夏、そのまとめとして、国際高校生水会議を開催することとなった。世界18カ国から、29校43チームの高校生137人が日頃の活動成果を持ち寄り、水に関する講演を聞き、プレゼンや討議を行う。今回は初の日本開催となった。その準備に当たり、日本の高校生がグローバルを体感できる場にしたいと考えた。全ての会議を国連公用語である英語で行い、通訳はいない。参加する国のバランスを考え、日本人の参加者数も全体の2割程度とし、審査員も国内外から招いた。

 会議を終えて感じたことは、二つある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。