(円卓)情報社会と著作権教育

(一社)コンピュータソフトウェア著作権協会専務理事 久保田 裕





福岡教育大学の大和淳教授は、教員に向けて講演を行うとき、〇×式の著作権理解度テストをするそうだ。以下は、その一部である。

1.人の容姿を撮影した写真を学校の広報紙やホームページに掲載する場合、当該写真の被写体となった人から写真の著作物の利用について許諾を得る必要がある。

2.教育目的であれば、原則として無断で他人の著作物を利用できるが、著作権法の規定に抵触する場合には、当該著作物の著作権者の許諾を得る必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。