(円卓)子供たちの学びを改革

埼玉学園大学教授 梅澤 実


 新学習指導要領の完全実施が迫っている。この改訂は、これまでの知識観、学習観の変革が教師に求められている。

 教育改革は、決してトップダウンで実現するものではない。改革の具現化は、一人一人の教師の実践にかかっている。教師の役割の一つは、子供たちにとって魅力的なモデルとなることだが、今、改めてそのことに思いをはせる。

 そこで二人の実践者の言葉に耳を傾けてみよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。