(円卓)SDGsを実行する人に

横浜市立日枝小学校長 住田 昌治


 「SDGsを初めて聞いたとき、新しいバンドの名前かと思いました。でも、持続可能な世界を実現するための17のゴール(国際目標)を示したカラフルなタイル図を見て、自分たちがやってきたことと同じじゃないかと気付きました。川やその周りのごみを拾うことは、『住み続けられるまちづくりを⑪』(丸数字はSDGsに示されたゴールの番号。以下同)につながるし、『海の豊かさを守ろう⑭』にもなる。『気候変動対策⑬』『安全な水⑥』『つくる責任つかう責任⑫』を考えることにもなります。小学生が一緒に考えたり活動したりしているので『質の高い教育④』にも貢献しています」

 「他のゴールともつながっています。『パートナーシップで目標を達成しよう⑰』は、企業や行政やNPO、学校や地域の皆さんが集まって新たなネットワークを作ってやっていこうということだと思います」

 「初めは難しいと思ったが要するに皆が幸せに暮らせるようにしようということです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。