(円卓)18歳の「大人」を育てる

玉川大学教授 樋口 雅夫

今年6月、民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げることなどを規定した、民法の一部を改正する法律が成立した。

この改正民法は、2022年4月1日から施行され、高等学校の3年生の教室では「大人」と「子供」が入り交じって授業を受けることとなる。

今回の法改正は、3年前、公職選挙法改正により18歳選挙権が実現したときに匹敵する、いや、それ以上のインパクトのある出来事である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。