(円卓)グローバル化は学びで評価

島根大学教育学部准教授 香川 奈緒美





教員養成機関のグローバル化が求められている。これを受けて、留学生や国外研修参加学生の増加を図る取り組みが目立つ。しかし、こうした取り組みが、グローバルな視野を持つ教師の養成に寄与するかについての、実証的な評価と検証は遅れている。

背景には、「グローバル化=留学/外国人/英語」とする誤認と、教員養成カリキュラムにおけるグローバル化の意味を積極的に検討してこなかった教員養成機関の主体性の欠如がある。

大学ではグローバル化指標として、外国人研究者と留学生数、国外研修参加者数、外国語能力試験の点数などが採用されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。