(円卓)実態に即した多様な研修を

(一財)総合初等教育研究所室長 梶井 貢


 新学習指導要領の移行期1年目である。まさに「チーム学校」としての対応が迫られている。その要となるのが校内研修の充実であることは間違いない。そこで、管理職には各学校の実態に応じた研修を柔軟かつ多様に実施するよう提言したい。

 第一には、「確かな授業研究」を継続すること。校内研修は授業研究を基盤とすべきである。今は「主体的・対話的で深い学び」につながる授業づくりをどう創出するか、が大きな課題である。

 そのためには、焦点(窓口)を絞る教科・領域と講師の選定がポイントになる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。