(円卓)「自ら勝つ者は強し」

元清泉女子大学教授 榊原 博子

年齢を重ねてくると先人の言葉が素直に響いてくるようになる。言葉の伝えようとすることが自らの経験と共鳴して、その通りだと感じられるからであろうか。

学生や若い人の中にも耳慣れない言葉に物珍しさを感じて受け止め面白がる者がいて、これも「言葉の力」なのだと思う。

そうした言葉の一つとして、「自ら勝つ者は強し」に触れたい。この言葉は、中国の思想家である老子の「老子第三十三章」の中に書かれているものである。

原文は次の通りである。
知人者智、自知者明。勝人者有力、自勝者強。知足者富、強行者有志。不失其所者久。死而不亡者壽。

少し解説すると、「老子第三十三章」の中に「人を知る者は智、自ら知る者は明なり。人に勝つ者は力あるも、自ら勝つ者は強し」と書かれている。

その意味は、「他人のことをよく知る者は一応の知者といえるが、自分をよく知る者こそ真に聡明(そうめい)な人物である。人を打ち負かす人はその人よりは確かに強いが、自分自身(の私欲やわがままなど)に打ち勝ってこそ真のつわものといえる」である。

現代の競争社会の「追い付き追い越せ」「なりふり構わず」というような風潮の中で、本当の競争相手はいったい誰なのだろうか。隣に座っている同僚なのか。同期の友人なのか。そうではないであろう。

同僚に勝っても、友人に勝っても、上には上があり、きりがない。大事なことは、自分がどうか、自分自身で納得できるのか、自身の成長を確かなものと認められるのか、にあるのではないか。

老子は前文に続いて「其の所を失わざる者は久し」とも言っている。つまり、「自己の適性・能力・欠点などをよく弁(わきま)え、自分のよるべき所を知り、それを失わぬ者こそ久しく安らかである」という意味である。

「自分を見つめ、己の長所短所を知り、その上で精進を重ねる者、自己の中にすむ邪悪、私欲、怠け心に打ち勝つ者こそが真の勝利者であり、人生の競争相手は決して他者でなく、己である」ということである。

私たちは一人一人が「自ら勝つ者は強し」として人生における真の勝利者となって、心穏やかに生きていきたいと願う。

関連記事