(円卓)障害者の雇用問題

国際人材総合支援機構サービス管理責任者 清野 佶成


 最近、東京、神奈川、千葉、埼玉の知的障害の特別支援学校高等部を約20校見学した。特に就職に関係のある職業、作業学習などの授業を中心に見させてもらったが、生徒が大変真面目に取り組んでいる姿に感動した。訪問の目的は、知的障害のある生徒の卒業後の進路、特に企業就職状況を把握することであった。行政機関、企業の積極的な支援、学校の進路指導の先生らの指導、努力で、企業就労が伸びてきていることを知った。

 8月下旬、中央省庁の障害者雇用の水増しが発覚し、障害者雇用上、障害者と認められない人を障害者とカウントして障害者雇用率を達成していたことが分かり大問題になった。率先して障害者雇用率を各企業に達成するように働きかける行政が、水増して達成していたことは、残念でならない。

 この障害者雇用は、障害者雇用促進法(正式名称は、障害者の雇用の促進等に関する法律)で定められているもので、身体障害者、知的障害者、精神障害者を一定割合以上雇用することを義務付けた法律である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。