(円卓)希望のギャップをなくすために

NPO法人キッズドア理事長 渡辺 由美子





NPO法人キッズドアでは、低所得家庭の子供たちに無料の学習支援をしている。昨年秋から1年間かけて、学習会に参加する中学生とその保護者を対象に教育格差の原因究明のための調査をした。その中で特に気になったのは希望する最終学歴を親子それぞれに聞いた質問だ。

親は「高校まで」という回答が最も多く、約4割が「高校を出たら働いてほしい」と考えていた。それに対して「高校まで」と答えた生徒は約2割しかおらず「大学まで」が4割弱と最多だ。親子間の「希望のギャップ」がはっきりと現れた。

親の所得と高校卒業後の進路に強い相関があることは以前から分かっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。