(円卓)管理職の見識と指導力に期待

「教育新聞」論説委員室顧問 佐野 金吾


 12月初旬にユネスコスクール全国大会、ESD研究大会が横浜市立みなとみらい本町小学校で行われ、全国から800人以上の教員らが参加した。この大会では全国の小中高校から実践的研究事例を募り、優れた実践に対してESD大賞を授与している。受賞校の共通点をあげると、ESDの視点に基づいたカリキュラム・マネジメントが適切に行われていることである。

 児童生徒や地域の実態を把握し、学校教育の目的や目標の実現に必要な教育内容をESDの視点に立って整理し、教科横断的に組み立て実施状況を評価する。その上で教育課程の実施に必要な人的・物的な体制を地域社会や行政機関の支援を得ながら実践している。

 2018年度の義務教育学校諸学校における学校運営の大きな課題は新学習指導要領の移行措置への対応である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。